子供と一緒にお出かけ情報 by たーママ
アクティブに!お得に!Happy life with Kids
お出かけ with Kids

子供と一緒に潮干狩り!服装・持ち物・注意点などまとめ

こんにちは。

いよいよ潮干狩りシーズンですね!我が家は数年前から、潮干狩りは毎年の恒例行事です。大きなあさりが取れたときは、大人でも嬉しくなります!

でもまだ潮干狩りに行ったことない、という方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな潮干狩り未経験の方のために、子供と一緒に潮干狩りに行くときの服装、持ち物、注意点などまとめました。おすすめグッズも紹介しています。

準備をしっかりして、ざくざくあさりをとっちゃいましょう!みんなで採ったあさりを料理して、一緒に食べるのも最高です!

服装のポイント

帽子

  • 日陰がないので帽子を着用しましょう
  • ひさしの大きい麦わら帽子がおすすめ!
  • 風が吹いてもとばされないようにアゴひも付きが便利!

衣類

  • 長袖Tシャツ&短パンが基本
  • 海は思いのほか風が寒いので、風を通さないウインドブレーカーなどの上着があるとよいです
  • 子供は座り込んだり水遊びしたり、必ず汚れるので着替えが必須!
  • 水着着用でもOK
  • 1~2歳の小さい子は撥水加工のプレイウェアがおすすめ!

おすすめプレイウェアはこちら↓

長袖を着ていても、貝掘りをする最中は腕まくりをすることが多いので、腕の日焼けに注意!腕にもしっかり日焼け止めを塗りましょう。

足元

  • 長靴が基本。不要になったスニーカーなどでもOK
  • ビーチサンダルは泥が跳ねるのであまりおすすめできません
  • はだしだと貝殻を踏んで怪我をする恐れがあるのでNG

軍手や手袋

  • 貝で手を怪我する恐れがあるので、軍手や手袋をしましょう

タオル

  • タオルか手ぬぐいは必需品!首に巻いておくと、汚れた手をふけるし、紫外線予防にもなります

持ち物

熊手

  • 大人は金属製の熊手がベスト。スコップは貝を割ってしまうので、あまりおすすめではありません。熊手は現地で借りられる場合も多いので、ホームページでチェックするとよいでしょう。
  • 子供はプラスチック製の砂遊びセットがあるとよいでしょう。貝堀りに飽きても砂遊びができます。

入れ物

  • 網がベスト!バケツでもよいですが、砂がたまり、貝が弱ります。
  • バケツに入れる場合は、ザルがあれば、ザルで一度貝の砂を落としてからバケツに入れるとよいです
  • 100円均一などでも売られている、穴の開いたプラスチック製のかごも便利です。

持ち帰り用クーラーボックス

  • あさりは水温が上がると弱ってしまうので、持ち帰るために冷やしておく必要あります。洗ったあさりをクーラーボックスに入れ、砂抜き用の海水と保冷剤を入れて持ち帰りましょう。砂抜き用の海水は、だいたいどこの潮干狩り場でも入れられます。
  • 保冷剤の代わりに、ペットボトルに水を入れて、凍らせたものでもOK
  • クーラーボックスがない場合は蓋付きのバケツでもOK。蓋がないと車の中で海水がこぼれてしまうので注意

おすすめの蓋付きバケツはこちら↓↓↓ 丈夫で蓋をすれば座れます♪

日焼け止め

  • 紫外線が強い時期。また、日陰などなく長時間外にいるので日焼け止めは必須です。
  • 首の後ろ、腕、足(特にヒザ下)、足の甲はしっかり塗りましょう。

あると便利なもの

雪遊び用のソリ

  • 汚れてほしくない荷物など、潮干狩りの最中に置いておくときに便利!

アウトドア用折りたたみイス

  • 長時間の中腰はなかなか疲れます。ちょっと一息つくときや、子供が休憩するときなど、一つあると便利です。

潮干狩りの注意点

  • 潮干狩りは、シーズン中ならいつでもできるというわけではありません。潮干狩り場などのホームページで、潮見表を必ずチェックしてから出かけましょう。
  • 太陽からの陽射しと海からの照り返しがあるので、日焼け止めを塗るなど日焼け対策を行いましょう
  • 熊手は先がとがって危険なので、事故防止のため置くときは先を下に向けて置きましょう
  • 潮干狩り後は、貝が痛む前になるべく早く帰宅しましょう!

まとめ

いかがでしたか?

家族みんなで楽しめる潮干狩り。今年はぜひ挑戦してみてくださいね!楽しくてハマってしまい、毎年の恒例行事になること間違いなしです!

フォローする