旅行

国内格安航空券の比較サイトの手数料を比較!安いのはココ!

たーママ
たーママ
こんにちは、旅行大好きたーママです。

国内旅行や帰省、出張などで格安航空券を買いたいとき、比較サイトを利用したことありますか?

「エアトリ」「スカイチケット」「さくらトラベル」など、多数の比較サイトがあります。

でも、「結局どこで買うのが安いの?」

と疑問に思う方も多いと思います。

ということで、今回、「エアトリ」「スカイチケット」「さくらトラベル」の3社で比較、検討してみました。

今回は、国内の格安航空券に限って比較、検討しています。

※海外格安航空券の場合は、また異なってくるので注意してくださいね。


『航空券代』の他に、請求されるお金について

格安航空券の比較サイトを利用して航空券を購入する場合、『航空券代』の他に、『取扱料金』『事務手数料』がかかるのはご存知ですか?

『航空券代』は、どこの比較サイトを利用しても、同じ便であれば、同じ金額です。

比較サイトによって、『取扱料金』や『事務手数料』が違うので、実際に払う金額に差が出ます。

要するに、『取扱料金』と『事務手数料』が安い比較サイトで購入すれば、”航空券を安く買える”ということになります。

『取扱料金』とは?

『取扱料金』とは、「エアトリ」「スカイチケット」「さくらトラベル」などの格安航空券比較サイトが、旅行を手配する際の手数料です。

『取扱料金』は、それぞれの比較サイトによって違います

また、「購入する航空券の航空会社」によっても変わってきます

そして、『取扱料金』は、航空券1路線(片道)ずつかかってきます。

要するに、往復の航空券を購入する場合は、『取扱料金×2』です。

また、家族分などまとめて購入する場合でも、それぞれに『取扱料金』が発生します。

『事務手数料』とは?

『事務手数料』とは、実際に支払いをするときにかかる手数料です。

『事務手数料』も、それぞれ比較サイトによって違います

また、「クレジットカード決済」「コンビニ決済」「銀行決済」など決済方法によって変わってきます

 

それではまず、『取扱料金』の比較から見てみましょう。

格安航空券比較サイトの『取扱料金』の比較(国内格安航空券)

「エアトリ」「スカイチケット」「さくらトラベル」の『取扱料金』航空会社別に比較してみました。

エアトリ スカイチケット さくらトラベル
ANA 2,200円 1,100円 1,000円
JAL 2,200円 1,100円 1,000円
Peach 3,760円 3,300円 2,000円
Jetstar 5,400円 3,300円 2,000円
AIR DO 1,650円 1,650円 1,000円
スカイマーク 2,200円 2,200円 1,000円
スターフライヤー 1,650円 1,650円 1,000円
ソラシドエア 1,650円 1,650円 1,000円
フジドリーム 1,650円 1,650円 1,000円
春秋航空日本 3,300円 3,300円 1,000円

*表は横にスクロールします

細かくて、目がチカチカしてきますが・・・。

全体的に、「さくらトラベル」がダントツ安いですね。



続いて安いのは「スカイチケット」



そして、「エアトリ」が一番高いという結果になりました。

 

次に、『事務手数料』の比較です

格安航空券比較サイトの『事務手数料』の比較(国内格安航空券)

「エアトリ」「スカイチケット」「さくらトラベル」の『事務手数料』の比較です。

エアトリ スカイチケット さくらトラベル
クレジット決済 5% 1,100円 2.0%
コンビニ決済 5% 1,100円 350円
(総額が50.000円
以上の場合は550円)
銀行決済 5% 0円(振込手数料
はかかる)
220円

※表は横にスクロールします

「スカイチケット」は、金額で書いてあるのでわかりやすいですが、

「エアトリ」「さくらトラベル」のクレジット決済は、%(パーセント)なので、少しわかりずらいですね。

ということで、「エアトリ」の『事務手数料』について、具体的に計算してみました。

「エアトリ」の『事務手数料』は(航空券代+取扱料金)×5%

「エアトリ」は上記の場合、どの決済方法でも(航空券代+取扱料金)×5%の『事務手数料』がかかります。

※Payday、メルペイ、Amazon Payなどの決済方法の場合は、5〜8%

仮に、(航空券代+取扱料金)が10,000円の場合、

「エアトリ」の『事務手数料』は500円

(航空券代+取扱料金)が22,000円の場合、

『事務手数料』は1,100円になり、「スカイチケット」と同額となります。

決済方法別にどこの比較サイトがお得が検証

それでは、実際に、どこの比較サイトがお得に購入できるのかを、検証してみました。

ポイントは、

①比較サイト、購入する航空会社によって『取扱料金』が違う

②決済方法によって『事務手数料』が違う

③「エアトリ」や「さくらトラベル」では『事務手数料』が(航空券代+取扱料金)の金額によって、変動する。

です。

ということで、具体的に決済方法別にまとめてみました。

クレジット決済の場合

60,000円以下は「さくらトラベル」が一番安い

「さくらトラベル」は『事務手数料』が2%。

(航空券代+取扱料金)が60,000円で、『事務手数料』1,100円になり、「スカイチケット」の『事務手数料』と同じになります。

『取扱料金』はそもそも「さくらトラベル」の方が安いので、

つまり、60,000円までは、「さくらトラベル」が一番安いということになります。

60,000円以上で「スカイチケット」が安い可能性が出てくる

60,000円を超えてくると、『事務手数料』は「スカイチケット」の方が安くなります。

ただ、『取扱料金』は航空会社によっては「さくらトラベル」の方が安いので、どちらが安いかは、『取扱料金』の差によって変わってきます。

『事務手数料』(「さくらトラベル」ー「スカイチケット」)

.         >『取扱料金』(「スカイチケット」ー「さくらトラベル」)

となったら、「スカイチケット」の方が安く購入できるということになります。

このあたりは、ちょっとややこしいですね。

120,000円以上で「スカイチケット」が一番安い

(航空券代+取扱料金)が120,000円以上になると、『事務手数料』が「スカイチケット」の方が1,300円以上安くなります。

『取扱料金』の差を考慮しても、「スカイチケット」で購入した方が安くなります。

家族まとめて予約する場合などは、「スカイチケット」の方が安いかもしれませんね

コンビニ決済の場合

金額や航空会社関係なく、「さくらトラベル」が一番安い

コンビニ決済の場合の『事務手数料』は、

「スカイチケット」が1,100円、

「さくらトラベル」が350円(総額が50,000円以上で550円)

「エアトリ」は5%で、安くても500円程度(総額が10,000円の場合)

『取扱料金』が一番安いのも「さくらトラベル」なので、

金額や航空会社関係なく、「さくらトラベル」がダントツ安い!という結果です。

銀行決済の場合

「JAL」「ANA」の場合は、若干「スカイチケット」が安い

「スカイチケット」は銀行決済の場合、『事務手数料』が無料です。

「さくらトラベル」は220円。

「ANA」と「JAL」の『取扱料金』は「さくらトラベル」の方が100円安いので、

「スカイチケット」の方が110円ほど安くなります。

それ以外の航空会社は、金額関係なく「さくらトラベル」が一番安い

「JAL」「ANA」以外の航空券では、「スカイチケット」の『取扱料金』は「さくらトラベル」より220円以上高いので、

「さくらトラベル」が一番安い、という結果になります。

「エアトリ」「スカイチケット」を選ぶメリットは?

「エアトリ」「スカイチケット」には残念な結果になりましたが、

「エアトリ」「スカイチケット」を選ぶメリットもあります。

それは、航空券と同時に、割安でホテルが予約できるという点です。

また、「エアトリ」エアトリポイントというポイントがつきます。

こちらの件の詳細は、また別記事にしますが、航空券と一緒にホテルも予約したい場合は、

「エアトリ」や「スカイチケット」もおすすめです。

まとめ

航空券が安く購入できると、旅行もなぜか一段と楽しみになりますよね!

色々とここでも検証してみましたが、やはり航空券を安く買うのに大事なことは、

早く買うことです。

航空券の値段は、残席数によって変動するので、残りが少なくなればなるほど値段が高くなります。

しかも値段が上がるときは、3.000円、5.000円と平気でポンと上がります。

そうなると、『取扱料金』を気にしている場合じゃないですね。

あの時買っておけばもっと安かったのに!と後悔しないように、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。


フォローする