お出かけ

【レポ・写真】恐竜に会える公園、水戸市森林公園

こんにちは、お出かけ大好き、たーママです。

今回は、茨城県の水戸市森林公園に行ったので公園の紹介をしたいと思います。
水戸市森林公園は、知る人ぞ知る、『茨城のジュラシックパーク』とも呼ばれる公園です。

園内には実物大の巨大な恐竜模型がいくつも置かれてあります。

今回は私たちは、家族でツインリンクもてぎに行った帰りに、2歳と4歳の恐竜好きの息子たちを連れて行ってきました。

閉園時間も近づいて、滞在は1時間半程度でしたが、大興奮の楽しい時間を過ごせたので紹介したいと思います。




▶︎3歳から参加可能なバギー体験!自然を満喫できるアクティビティ

基本情報

名称 水戸市森林公園
アクセス 水戸インターから車で約10分
ホームページ http://www.mito-shinrinkoen.com
開園時間 6:00~19:00(4/1~9/30)
8:30~17:15(10/1~3/31)
休園日 休園日はなし【ただし、園内施設は月曜(祝日又は振替休日の時は次の平日)、12/29~1/3休館】
入園料・駐車料 無料

公園内MAP

水戸市森林公園で会える巨大恐竜模型など14体の一覧

・ディメトロドン
・セイムリア
・エダホサウルス
・プラテオサウルス
・アンキロサウルス
・トリケラトプス
・ステゴサウルス
・アロサウルス
・ブロントサウルス
・ディプロドクス
・ティラノサウルス
・マンモス(哺乳類)
・トラコドン
・イボゴン(創作怪獣)

見るだけじゃない!恐竜に乗って滑って大人も子供も大興奮!

ステゴサウルス

首から尾にかけて、骨の板やとげが並んでいる草食のステゴサウルス
頭や尻尾に乗ることもできて、子供は大はしゃぎ!

アンキロサウルス

最大のよろい竜のアンキロサウルス。背中の骨のよろいがゴツゴツして格好いい。
息子も苦戦しながらもよじ登って大満足!

トリケラトプス

3本の角がかっこいい角竜類のトリケラトプス

ティラノサウルス

2歳の息子が一番大好きな肉食恐竜ティラノサウルスを発見!
大好きなのに・・・・。いざ目の前にすると、怖くて近づけず・・・

ディメトロドン

お腹から入って、「きゃー!食べられる〜!」な写真が撮れるインスタ映えポイント!

ディプロドクス

他を圧倒する大きさ!迫力満点のディプロドクス!
大人でも思わず立ち止まって見てしまう程の巨大な模型、一見の価値あり
尻尾が滑り台になっていて、お腹の中に入れちゃう

長いローラー滑り台が楽しい!

子供がみんな大好きな滑り台。恐竜広場には2連の長い滑り台がありました。
どちらも自然の斜面を生かした滑り台で、ちょうど良いスピード
適度に曲がり角もあり、2歳の息子は大声で笑いながら滑っていました。

2本とも長い滑り台なので、滑った後の上りが大変。
ですが、子供にとっても大人にとってもいい運動!!!

・・・とは言っても、3回くらいが限界かも
2歳の息子は上りの途中で歩かなくなるので、抱っこでの上りは修行並み。

他の『こどもの谷』エリアにも長い滑り台があるようですが、今回は時間がなくて断念。

滑り台の他にも遊具はちょこちょこありましたが、子供が食いついたのはやっぱり長い滑り台でした。

3月下旬〜4月上旬には水芭蕉が見えるエリアも

恐竜広場から谷に下ったところにミズバショウが生育しているエリアがあります

毎年3月下旬~4月上旬にかけて、尾瀬などよりも一足早く、きれいな花を楽しむことができるそうです

珍しい花なので、見頃に訪問した際にはぜひ見てみたいですね

まとめ

今回は遊びに行った帰り道に寄った程度で、滞在時間も1時半と短時間でしたが、
子供は大興奮!大はしゃぎで有意義な1時間半になりました。

たっぷり遊んで子供たちは帰宅まで車でぐっすり。

大人も子供もいい運動にもなったし、行って良かったです。

自宅からは遠いので、公園だけの目的で来るのは難しいですが、近くに来た際にはぜひまた寄りたい公園です。

お子さんが恐竜好きという方は、とてもオススメの公園なので、ぜひ一度行ってみてくださいね



 

フォローする